名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

診療案内

ワニ

診療案内

診療科目

ホワイトニング

インプラント歯科?

一般歯科

予防歯科

歯周病歯科

口腔外科

矯正歯科

レーザー治療

詳しくは 各項目をクリックしてください。


院内設備

強酸水生成器

強酸性水

強酸性水は、強い酸性と高い酸化還元電位により、細菌に対して瞬時に優れた殺菌効果を示すにもかかわらず、人間の体に対してはほとんど無害です。細菌、ウイルスにきわめて有効で、抗菌スペクトルも幅広いとされています。HBV、HIVはもちろん、MRSAにも有効です。

歯科領域において酸性水は、手洗い時の手指の消毒、含嗽(ぶくぶくうがい)、入れ歯の消毒、機器・器具の滅菌・消毒、むし歯に対する消毒薬や歯周病の治療などさまざまな歯科治療へ応用されています。

また、歯科治療に用いられたミラーやピンセットなどの器具は、オートクレーブと呼ばれる高圧滅菌装置で滅菌しますが、消毒する前に強酸性水に浸しておくとよりよい効果がみられます。

さらに、高圧滅菌装置にかけられないプラスチック製器具やゴム製器具、歯を削った後に採取した印象(歯形)などには、強酸性水を用いて消毒を行ったほうが、人体に対する影響を考えると、よりよい結果が得られます。

薬液の廃液による環境汚染もありません。


オートクレーブ

高圧蒸気滅菌装置のことです。
歯科で扱ういろいろな器具を
滅菌パックに入れて滅菌します。

常に使用するミラー、ピンセットなどはこれで滅菌しています。

オートクレーブ

殺菌

文字通り菌を殺すこと。対象や程度を含まない概念です。殺す対象や程度を含まないため、極端な話をすれば一割の菌を殺して九割が残っている状態でも「殺菌した」ということは可能です。このため、その有効性に対する保証は厳密にはありません。

滅菌

有害・無害を問わず、対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去することです。滅菌操作後、被滅菌物に微生物の生存する確率が100万分の1以下であることを意味しています。滅菌がもっとも厳重な方法です。

消毒

対象物に存在している病原性のある微生物を、その対象物を使用しても害のない程度まで減らすことです。

除菌?

除菌は、対象物から菌を除いて減らすことです。手を水で洗うことから、ろ過などにより菌を取り除くなど、様々な程度の範囲があります。対象や程度を含まない概念です。

したがって
ほとんどのものをオートクレーブにて滅菌しています。


ガス滅菌器

ガス滅菌器

滅菌を必要とするものは、いろいろなものがあります。
材質的に高圧蒸気滅菌できないものもあります。
そこでどうしても必要となるのが、この滅菌器です。

これを扱うには、
特定化学物質等作業主任資格
という資格が必要となります。

あらゆるものを滅菌できるよう対応しています。
平成28年2月新製品に交換しました。
少し容量が大きくなりました。






ケミクレーブ

ケミクレーブ

ケミクレーブとは高圧アルコール蒸気滅菌器のことです。
高圧アルコールに蒸気による殺菌効果は高く、器具の錆を防いでくれます。



デジタルレントゲン CT

CT,パノラマ

念願のCTを導入できました。
今までのパノラマ画像もかなり精度が上がり、
的確な診断の助けとなります。
また、CTは従来のレントゲンでは解らなかった血管との位置関係や
重なって見えなかった歯牙の根管の形状、位置関係を
精度をもって見ることができるようになります。

従来のレントゲンの1/5~1/10の放射線量にすることが出来るようになりました。

お口全体のパノラマ撮影  断層撮影
顎関節部のレントゲン撮影
などを撮影できます。

お口の写真と共に、レントゲン写真を見ていただくと
よりわかりやすくなります。


ダイアグノデント

ダイアグノデント

レーザー光の反射を利用して、小さな虫歯の詰めなければならないかどうかの診断をする機械です。
数値によって示されますので、正確な判断ができます。




レーザー

ヤグレーザー

ヤグレーザーを使用しています。
用途が多く、次のようなことに使用しています。

  • 歯質の強化
  • 歯肉切開、止血、
  • 外科処置の治癒促進
  • 歯周ポケット内の消毒
  • ホワイトニング
  • 歯肉メラニン色素除去
  • カリソルブとの併用による虫歯の除去
  • 知覚過敏の改善
  • 顎関節症疼痛緩和、開口障害改善
    など

切削器具の清掃と消毒

注油器    注油器    オートクレーブ

歯を削る先の部分はオートクレーブ
(高圧蒸気滅菌器)にて
滅菌処理が簡単にできます。

高速回転をするエアータービンは、
清掃、注油をした後、
オートクレーブにかけています。
注油も、機械的に行い、
余分なオイルは高圧エアーにて吹き飛ばし、
適正な注油が行えるようになっています。

タービン用オートクレーブは、
容積が小さいため、
短時間で滅菌処理ができるようになっています。

安全安心のための装置です。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡を更新しました。
以前のもよより鮮明に細菌を見ることができます。
ブラッシング上達の状況を
お口の細菌の状態によって
ある程度判断できます。
デジタル画像で保存できます。

遊走菌の多さ、種類が変化してきます。
興味のある方はお申し出ください。
料金はかかりません。

説明用TV

TV

診療チェアーの前にTVを設置しました。
レントゲン写真
口腔内写真
口腔内細菌の位相差顕微鏡で撮影した動画
説明用の治療の写真
などをご覧いただけます。






a:8102 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional