名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

歯周病記事

ワニ

歯周病で肝機能が改善

H24年3月24日中日新聞の記事

新聞切り抜き

歯周病は全身に影響を与えます

歯周病は歯茎から血が出るだけだと思っている人にとっては、
ちょっと意外かもしれませんが、
歯周病が全身の病気にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。
ただし、歯周病が直接その病気を起こすわけではありません。
罹患率を高めたり、病状を憎悪させることがあります.

誤嚥性肺炎

食べ物や唾液が誤って気管支に入ってしまうために起こる肺炎のことです。
お年寄りや食べる機能に障害のある人は
眠っている間に唾液を誤嚥してしまい、
口腔内の細菌によって肺炎を起こすことがあります。
歯周病を放置したり口の中が汚れたままであったりすると、
肺炎を起こすリスクは高くなります。

糖尿病

糖尿病の患者さんは、歯周病にかかると重症になりやすいことが知られています。

心臓病

歯周病の人は健康な人に比べて、心筋梗塞などを起こすリスクが3倍近く高いそうです。
また、動脈硬化のある場所の血管から歯周病菌が見つかることもあります。

頑固な皮膚炎

起こす事とがあります。
お得な情報4をご覧ください。

早産、低体重児出産

可能性が高くなります。

歯周病は全身の健康に大きな影響を与えているようです。
歯周病歯科のページもご覧ください。







a:2844 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional