名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

歯周病歯科

ワニ

歯周病歯科

歯周病の原因は細菌です。
細菌による感染症で無症状に進行します。
気がついた時には手遅れとなるような場合もあります。

次のようなことに思いあたるようなことはありませんか?

  • 歯肉から血が出る。
  • 歯肉がむずがゆい。
  • かむと痛む。
  • 歯が動く。
  • かみ応えがない。
  • 口臭がある。

心当たりのある方は要注意です。

ではどうすればよいか。

まずは磨けているかのチェックが必要です。
細菌の除去が必要です。
汚れを染め出し、プラークチャートを出力します。
ご自分の癖を知っていただきます。
磨いているつもりではなく磨けていることが必要です。

磨き残しが20% を切るように
トレーニングをつむことが必要です。
ハブラシの他、歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトなど
いろいろな道具をお口に合わせて
紹介させていただきます。

次に
歯石の徹底した除去が必要です。

歯石


写真のものが歯石です。
白い部分が、歯ぐきの上に出ている歯石で、
黒い部分は、歯茎の中に隠れています。
その両方を除去する必要があります。

歯石除去前後の変化

歯石除去前後

そうすると

歯肉炎


というように、歯ぐきが変化してきます。
お口の中もさっぱりします。

歯周炎は、歯ぐきが赤くはれて、出血するようになるだけでなく、
歯の周りの骨を溶かす病気です。
はれた状態が続くと、骨が吸収してしまいます。

骨吸収

骨吸収


ですから、
歯周病の治り方も

歯周病治癒形態の違い

(歯周病が進行し骨が吸収されてしまった状態の症例)
歯周病の治療後


このように、骨の有無によって歯肉の形態が違ってきてしまいます。

大切なのは
骨が吸収しないようしっかり管理していくことです。
痛くなくても、はれていなくても歯科医院に行って、
うまく磨けているか、汚れは落とせているかのチェック 
と、
お口のクリーニングを定期的に受けるようにすること
です。

それが、良好なお口の状態を維持できるコツです。

歯科医院を恐れず、お気軽に御来院ください。
信頼と安心を持っていただけるようお待ちしております。

ご予約、ご相談は
植田歯科  TEL:052-803-6488







a:9106 t:3 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional