名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

一般歯科

ワニ

一般歯科

一般的な歯科治療を行います。(用語に詳しく記載)

保存処置(神経をとったり詰め物をする処置)、
補綴処置(かぶせ物入れ歯を作って、かめるようにする処置)
予防処置
歯周処置
外科処置(歯を抜いたりする処置)
などを駆使して行います。

齲蝕、歯周病予防として、
まず、ブラッシングのチェックとトレーニングを行います。
歯の汚れが取れるようになることが必要です。

必要なら、シーラント、フッ素塗布などの予防処置をします。

小さな虫歯は、ダイアグノデントにて虫歯かどうか診断をします。
虫歯でない場合は、予防処置をお勧めます。
虫歯でつめなければならない場合や、さらに少し大きな虫歯には、プラスティックによる詰め物をします。
もっと大きくなれば、型を取って、金属やハイブリッド、セラミックによる詰め物。

さらに、神経まで進行している大きな虫歯には、
神経の処置をして、をかぶせるようになります。

それぞれ、虫歯の大きさによって、処置や修復するものが変わってきます。

審美的に問題があれば、硬質レジンやセラミックを使用して、
歯と同じような色合いを持たせ、
目立たなくすることもできます。

そして、さらに、

歯がなくなれば、
ブリッジインプラント?

多数歯がなくなれば、
義歯へ。

その時点時点で、最良の治療に心がけています。

それらの修復処置は、歯ぐきの状態がよくないと、
しっかりしたものは作れません。

歯石が付着していたのでは、
その上にかぶせてしまうような結果となってしまいます。

ですから、

まず、歯石を取ったり、
ハブラシで汚れが除去できるようトレーニングを積んでいただき、
歯肉が健康な状態を保てるようにする必要があります。

ひいては、このことがまた虫歯にもならず、
歯を支えている骨、歯肉の減少を招くこともなく、
詰め物の寿命を延ばすことにつながります。

トータルで、お口の改善をしていく必要があります。

たべることが楽しく、
大きなお口を開けることにためらいもない、
豊かで、
健康的な生活を
エンジョイできるようお手伝いさせていただきます。







a:4125 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional