名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

ニオイの悩み

ワニ

ニオイの悩み

口臭って何?

一般的に、口臭とは、口から吐く息のにおいが、他の人に不快感を与えるものをさします。
勿論、口臭はないほうが望ましいのですが、
誰にでも、多少の口臭はあるものです。
一日の中でも、時間によって変化し、朝起きた時など、特に強く感じます。

においは人によって感じ方が違うことや、
同じにおいを長期間かいでいると、
そのにおいに慣れて感じなくなってしまい、
自分の口臭は自分ではなかなか気付かないことが多いようです。

口臭の原因は?

口臭の発生源としては、
1)口腔内、2)肺からの呼気、3)胃
などがあげられます。

肺由来のものとしては、
食物(にんにく、ねぎ、アルコール類摂取)によるもの、
喫煙によるもの、
全身疾患によるもの(糖尿病、腎疾患など)もあります。

しかし、
口臭のほとんどは、口腔由来のガスです。
口腔由来のガスとは、揮発性硫黄化合物(VSC)です。
歯周病に関連した細菌が、こうした揮発性ガスを大量に発生させます。
これらの細菌は、主に歯周ポケット、歯面のプラーク、粘膜表面、口蓋扁桃、舌苔などに生息します。
また、ひどいむし歯などにも存在します。
これら細菌を減らせば口臭物質の量も減るわけです。

また
お年寄りでは入れ歯の不衛生が原因になる場合もあります。
強いストレスや睡眠などによる口内の乾燥することにより、
口臭が発生することもあります。

チェックリスト

(以下で該当をするものがあれば注意が必要)

□歯磨きは1日1回しかしない
□歯に食べ物がはさまる
□歯ぐきから血や膿が出ることがある
□進行したむし歯がある
□タバコを吸っている
□ストレスが強い
□歯石を1年以上とっていない
□口の中がねばつく
□舌に苔錠のものがつき白っぽい
□口がよく渇く
□緊張しやすい
□睡眠不足だ

方法は?

基本は、お口の中を清潔にすることです。
また、ストレスをためないことです。

1)歯が磨けているかどうかチェックを受け、クリーニングを受ける。
2)歯石を定期的に取る。
3)歯周炎が進んでいれば、その処置を受けることが必要です。
4)虫歯の治療を受ける。
5)舌もハブラシでこするとよいでしよう。専用のブラシも販売しています。
6)義歯は、専用のブラシもありますので、きれいに清掃をする。
   専用の洗浄液につけて消毒をする。

口臭予防の洗口剤(ハイザック)もあります。

ハイザック

なかなか効果があります。
洗口剤と、スプレー剤の販売もしています。

まずは、お口のトラブル解消からはじめるとよいでしょう。

心遣い

自分の口臭は相手が不快になるほど臭うのか、
自分ではよくわからないのが悩ましいことです。

逆に相手の口臭が鼻をついても、面と向かって
「くさい」とは言いづらい。

東京歯科大千葉病院の亀山准教授は
「相手の体調を気遣う形で伝えるといい」
とアドバイスしています。

例えば、
「 体調は大丈夫?」
「具合でも悪いの?」
と尋ねて、
それとなく指摘する方法です。

ちょっとした心遣いを持ちたいものです。






a:3069 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional