名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

シーベルト

ワニ

シーベルト

被爆量

被爆の問題がクローズアップされてきています。

歯科も、レントゲンを撮影いたします。
ご心配の方もみえると思いますので
その被曝量を記載いたします。

放射線量のおおよその目安

方法等:放射線量(mSv)

(歯科)
口内法(小さなレントゲン写真):0.01~0.03
パノラマ(大きなレントゲン写真): 0.02~0.03
(医科)
CT撮影
 頭部 :0.5
 胸部 :0.3
 胃部 :4.1
集団健診撮影
 胸部: 0.065
 胃部 :2.0

東京・ニューヨーク間を飛行機で往復したときの放射線量 :0.2
日本人が1年間に自然界から受ける放射線量: 1.1
ガラパリ(ブラジル)の人が1年間に自然界から受ける放射線量: 10.0

放射線技師会雑誌No47 10号より


歯科で使用するレントゲンは、
お口全体が撮影できる大きい写真(パノラマ撮影法)も、
口の中に入れて撮影する小さい写真も、
ヒトが自然界で1年間に受ける照射量の
およそ40~100分の1と極めて少なく、
その安全性は極めて高いうえに、
レントゲン写真から得る情報は、より良い治療に不可欠といえます。

なお当院は、デジタルレントゲンを採用することにより、
さらに減少させることができます。

また初診時などは、
少ない線量で多くの情報を得られるパノラマ撮影法を選択しております。

被曝量削減のために防護エプロンを使用し、
肺、胃、腸、精巣、卵巣など放射線に過敏な部位への
被爆をほぼゼロにするよう努めています。

ご理解とご協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。






a:3206 t:1 y:1


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional