名古屋市天白区植田の植田歯科は各分野のエキスパートが担当します

お得な情報5

ワニ

お得な情報5

親知らずの意外な利用

歯牙破折や虫歯によってどうしても歯を抜かなければいけなくなることがあります。

歯を失った場合、選択として、

  • 義歯、
  • ブリッジ、
  • インプラント

が一般的です。

もうひとつの選択肢として、
親知らずなどの歯を移植することもあります。

かならずしも、成功するとは限りませんが、選択肢として考えられます。

移植後は、移植歯の固定、神経の処置、つめもの、あるいはかぶせ物の処置が必要です。
その後、レントゲンを撮影して、経過観察をしていくことになります。

移植歯の大きな問題は、
どこかから歯を抜いて持ってこないといけないこと、
移植した後、骨癒着や根の吸収を起こすかもしれないことです。
その時期はさまざまですが、
痛みや、動揺がひどくなれば、抜歯となることもあることです。

しかし、すぐに抜かなければいけないということではありません。
数年、数十年使用できると思われます。

歯牙移植






a:4022 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional